ページの先頭です。
本文へジャンプする。
サイト内共通メニューここまで。

横浜弁護士会人権賞について

横浜弁護士会人権賞とは

横浜弁護士会は、横浜市緑区で発生した米軍機墜落事故訴訟弁護団からの寄付をきっかけに、平成4年3月に人権救済基金を設立しました。その有意義な使途のひとつとして、人権擁護の分野で優れた活動をした個人、団体を表彰することにより、人権擁護の輪を広げ、人権の更なる発展と定着に寄与したいと考え、平成8年に横浜弁護士会人権賞を創設いたしました。

表彰の対象としている活動は、次のような人権擁護活動をされたものです。

  • 人権の侵害に対する救済活動
  • 人権思想の普及・確立のための活動
  • その他、人権擁護のための活動

憲法が定める様々な基本的人権の擁護、確立のための活動、特に高齢者・子ども・障がい者・外国人の人権に関する問題、両性の平等に関する問題、消費者問題、公害環境問題など、人権の保障がまだ十分でない状態にある人たちの人権の擁護・確立のための諸活動を行い、優れた功績を挙げた民間の個人、グループ、団体に賞を贈っております。
(なお、この賞の対象者は、県内に住所、事務所を有し、又は県内に主たる活動の本拠をおくものとしますが、その活動が全国的又は国際的な広がりをもつものを含みます。)

横浜弁護士会人権賞の足跡

  受賞者 関連情報

第19回

(2014年度)

特定非営利活動法人SHIP
社会の偏見や差別により孤立しがちな性的マイノリティの人たちに 対し、コミュニティ・スペースの提供、カウンセリングその他の支 援事業を幅広く行い、教育機関等への啓発活動を行うなど、その人 権の擁護に多くの成果をあげてきた。

一般社団法人インクルージョンネットよこはま
貧困と格差が拡大した社会の中で、経済的困窮者や孤立の問題をかかえる若者など様々な生活困難者の自立等のため、多様な分野のNPOや専門家の連携の下で相談・支援等をする体制をつくり、全国的なモデルともなる実績をあげている。

【お知らせ】

【お知らせ】


これまでの受賞者は次の方々です。(詳細はこちら

第18回

2013年度

特定非営利活動法人神奈川労災職業病センター

植田 善嗣さん

第17回

2012年度

特例非営利活動法人多文化共生教育ネットワークかながわ

客野美喜子さん

第16回

2011年度

カラカサン~移住女性のためのエンパワメントセンター

特定非営利活動法人 神奈川子ども未来ファンド

第15回

2010年度

特定非営利活動法人 ジェントルハートプロジェクト

特定非営利活動法人 ウィメンズハウス・花みずき

第14回

2009年度

神奈川県医療生活協同組合 港町診療所

特定非営利活動法人 よこはまチャイルドライン

第13回

2008年度

NPO法人 さなぎ達         

神奈川県消費生活相談員ネットワーク

第12回

2007年度

パレスチナのハート アートプロジェクト

第11回

2006年度

特定非営利活動法人在日外国人教育生活相談センター・信愛塾

社会福祉法人礼拝会ミカエラ寮

第10回

2005年度

特定非営利活動法人子ども虐待ネグレクト防止ネットワーク

特定非営利活動法人多言語社会リソースかながわ(MICかながわ)

第9回

2004年度

水谷修さん

在日高齢者交流クラブ トラヂの会

第8回

2003年度

厚木基地爆音防止期成同盟

菅原幸助さん

第7回

2002年度

広田和子さん

第6回

2001年度

福光洋一さん

かながわ市民オンブズマン

第5回

2000年度

寿支援者交流会

『がんばれっ!日本国憲法』上演実行委員会

第4回

1999年度

神奈川県インドシナ難民定住援助協会

第3回

1998年度

横浜 ダルク・ケア・センター

女性の家 サーラー

第2回

1997年度

京浜協同劇団

かながわ・女のスペース〝みずら〝

第1回

1996年度

故 深澤キク江さん


選考・表彰の方法

  1. 選考方法
    広く会の内外からの推薦を受け(自薦・他薦を問いません)、選考委員(学識経験者等の委員5名、弁護士会委員3名)の方々の審議を経て決定します。
  2. 推薦・表彰スケジュール
    推薦受付 2014年7月1日(火)から2014年9月1日(月)までに受付けた候補者の中から選考しました。
  3. 賞の内容
    受賞者には、正賞(賞状)と副賞の賞金を贈呈いたします。

昨年の贈呈式来場者の声(アンケートより)

  • オブラートを1枚1枚積み上げていくような活動の維持の努力が伝わり、改めて敬意を表します。(60代 女性 会社員)
  • 労災職業病対策という地道な活動を行ってきたNPOおめでとう。本体の労働組合の力量が低下している中で、大変な苦労だったと推測します。植田さんも日本人として素晴しい。こういう方こそ、日本のイメージを下支えされる存在だと評価します。(60代 男性 自由業)
  • 神奈川県内での人権侵害に対する救済活動、人権思想の普及・確立のための活動を広める意義のある式で良いと思います。(20代 男性 弁護士)
  • 人権を守る事はたくさんあります。福島原発事故において神奈川に24人避難しています。東電・国に訴訟を起こしています。福島差別をなくしていきたい。(60代 公務員)
  • 活動の内容、表彰の理由の紹介がもっと分かりやすい方がいいように思いました。(60代 男性 弁護士)
  • 労災センターは設立以来、身近に見ていました。少し遅すぎたかなと、その積上げ、業績の大きさに受賞されたことをありがたいと思いました。(70代以上 その他)
  • 素晴しい人権賞がカラバオの会に送られる事によって感謝しています。(40代 男性 その他)

人権賞のお問い合わせ先

横浜弁護士会「人権賞」係
TEL:045-211-7705

 
 
本文ここまで。